読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯蓄ゼロよ、さらば。金なし彼氏なしアラサーOLの奮闘記

貯蓄ができないアラサーOLが、今よりもリッチに幸せに生きるために日々実験しております。まずは今より月収プラス10万円と貯蓄を年間で100万円が目標です。。

過去のアホすぎるお金の失敗をさらします③

②の続き・・・

 

こんばんは、みくりやです。

先にネタバレすると、ネットワークビジネスに勧誘された時の、リアルな会話を今回は書いております。

 

勧誘されたくない方には、事前に参考にしていただければいいし、された方は、あるある~って感じで見ていただければ幸いです。

 

うん、私ってつくづくカモにしやすいタイプなんだなぁ。。。

 

*******

 

仕事もつまらん、お金ない、

一方で楽しく生きたい。

 

そんな欲求不満だらけの自分に

ヤツが来たのです。

 

 

きっかけは、とある友人からのFacebookのメッセージでした。

 

「みくちゃん、最近ダイエットしたんだって??なんか興味わいたからお話したいな。久しぶりだしお茶しようよー」

 

 

実は当時、糖質制限のダイエットを終えたばかりで、3週間で、体重マイナス4キロ、体脂肪率マイナス3%、達成してたんです。

 

なので、純粋にメッセージは嬉かったし、起業を目指していて意識高い彼から声をかけてもらえたこと自体も「ヤッター」って感じだったんですよね。

 

だから、二つ返事でOKし、渋谷で待ち合わせ決定✨

 

で、当日。

約束のお茶前に、別の用事があったんですが、帰る間際にとあるメンズに

 

「みくりやさん、今日○○さんにお会いするんですよね、僕もお手伝いするんで宜しくお願い致します。」

 

 

・・・は?(゜Д゜)

なんで知ってる?

 

「○○さん、今日教えたいことがあるらしくってー、いきなりだとビビるでしょ?」

 

いやいやいやいや!お茶するとしか聞いてないしー!つか二人きりちゃうんかいw

 

 

すでに怪しい感じだったにも関わらず、

怪しさよりも○○の好印象の方が勝っていたため、変に思いながらもその場はスルー。

 

そのあと、怪しいそのメンズと一緒に約束の場所へ。

3人で合流。

 

○○「最近どう?(ニコニコ)」

私「元気だよ、○○は?」

 

なんて会話をゆるゆる続ける。

ゆるゆる、ゆるゆる。。

 

しかし、一向にダイエットについて振ってこない。

 

(・・・なんなん?聞きにきたんちゃうんか。)

 

そうしているときに、○○がいきなり、

 

「ねー、みくちゃんは10年後どうなっていたい??」(あやふやだけど、こんなこと聞かれた気が)

 

私「(なんやねんコイツ)えー、そりゃ好きなもの値札みないで買えるようになりたいし、仕事でも評価されたいし、好きな時間帯に起きたいしー」

 

○○「結構いっぱいあるね(笑)それ、時系列ごとに逆算して考えたことある?」

 

私「んー、ない」

 

○○「じゃ、書いてみようよー」

といってバッグからガサゴソ紙を取り出してくる。

 

その時はまだ、彼が熱心に起業準備のためにアウトプットしていて、頑張ってるんだなー、という尊敬の念でみていたので、

言われるがままに、ワークをしてみました。

 

えぇ、大変でした(笑)

やっぱり今でも、自分の棚卸し作業って苦手(^o^;

 

すると、○○が、

 

「大変だったでしょ?一つ一つ書き出すってスゴく大事なことなんだよね。

あくまでも夢なんだけど、実はやり方次第で叶えられるかもしれないんだよね。

どうしたらいいと思う?」

 

えー、会社員じゃダメだよねー